来宮神社  例大祭

  • テーマ:時事
  • 菅野(2020-07-17 08:00:00)

熱海の観光行事の夏の風物詩

『こがし祭り』毎年7/15.16に市街や国道を山車や神輿各30基ほどが、練り歩く観光目玉でもあるイベントが今年はコロナ禍の影響で中止となりました

そんな中、大厄の42歳を迎える男子が、節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。
御鳳輦(ごほうれん)は今年も開催されました

来宮神社  例大祭

猿田彦の神の天狗が一緒に町内を練り歩き

『麦こがし』という、きな粉みたいな粉を撒きながら歩き、それに触れると、無病息災.身体健康ならなれると伝えられてるそうです

去年は弊社の前の道路を往復通り、その時『麦こがし』頂きましたが、
今年はルートも変更して片側のみの通行で終了

人も少なく寂しい練り歩きでした

来宮神社  例大祭

大厄の42歳を迎える男性が頑張って担いでおります

男性陣の後ろ姿も何となく寂し気です・・

いつもなら、この後を『獅子舞』がついて歩くのですがことしは獅子舞も居ませんでした

今年も賑わいある練り歩き楽しみにしておりましたが、今年は静かなものでした

来年は是非、盛大な練り歩きが見れるようコロナ禍の終息を願います

 |